失敗

インビザラインを代表とするマウスピース矯正装置は目立たず、衛生的に歯並びの矯正治療ができる優れた装置です。このため、あたかも魔法の装置のように表現されていることもありますが、まだ歴史の浅い装置であるのも確かで、実際はそこまで完全な装置ではありません。

実際は治療がうまくいかないことも多くあるのも確かです(完全な装置であれば、皆が皆、インビザラインを選択しますよね)。

大切なのは、まずマウスピース矯正装置の適応症例であるかどうかの診断、そして治療がうまくいかない場合のフォローです。

失敗の原因

1)開始前に適応症例を歯科医師が見分けられていない

診断の段階で間違っていると失敗します。線引き・診断が一番大事になります。

診断のポイントは「顎の位置の安定性」「咬み合わせ」等、さまざまな点が挙げられます。そこを見極めて、マウスピース矯正が適応になるかどうか判断していきます。

2)装置の装着を怠る

患者さんが意識して付けていないと、どうしても思うように歯が動きません。インビザラインでは1日22時間の使用が推奨されています(ワイヤーの矯正治療では、24時間効果が発揮されています)。長時間の会食が多い等、時間が確保できない方には不向きです。

インビザラインに向いていない症例

顎位

それは下顎が小さく、咬合力(噛む力)が弱く、
顎の位置が不安定な症例です。

インビザラインではマウスピースにより咬合面を覆って歯を動かすため、顎位(がくい)が不安定な患者さんでは、顎位の変化が大きく起こる可能性があります。

インビザラインのシステムでは、最初に治療完了までのマウスピースを製作しますが、顎位の変化は想定していないため、大きな変化が有ったときは対応できず、マウスピースの再制作が必要になり、治療期間の大幅な延長となります。

ブラケットとワイヤーを用いた矯正治療では、顎位の変化に対して、ドクターの調整により対応が可能です。

このため、顎位の変化が予想される患者さんに対しては、無理をしてインビザラインを適用しない方が良いでしょう。見た目が気になる方には、歯磨きは難しいですが「裏側矯正(舌側矯正)」がお勧めです。

治療法の選択には、何より術前の丁寧な診査が重要です。

従来の矯正治療でのフォローも大切

矯正歯科医
日本矯正歯科学会認定医より

大学での歯科矯正学の履修が無く、オーソドックスなワイヤーによる矯正治療経験のないクリニックでのインビザライン治療は危険と常に隣り合わせです。

なぜなら…

  • インビザラインでの治療が可能かどうかの診断力が無い
  • インビザラインでの治療が失敗した場合に、一般的な矯正治療でフォローする技術が無い

…からです。

インビザラインでの治療が失敗に終わった場合は、ドクターがブラケットとワイヤーを用いた従来の矯正治療技術で挽回するわけですが、その経験が無く、インビザラインでの矯正治療しか経験が無いドクターの場合、そこで袋小路に入ってしまうわけです。

ですから、インビザラインドクターを選ぶ最大のポイントは「従来の矯正治療の経験も豊富かどうか」これが非常に重要です。

インビザラインは認定医を輩出しなければ商品が売れないため、今後も1日で取得できる認定医が増えていくことでしょう。

その中でも、本当の矯正歯科医として、確りとしたキャリアを積んでいるドクターを選択すべきです。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
045-620-6552
平日10~13:30/15~20時 土日祝9~12時/13:30~18時
休診:木曜 *学会・出張等により臨時休診有

カウンセリング予約無料メール相談

診療時間

横浜駅周辺地図
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1
谷川ビルディングANNEX館4F
「横浜駅」西口徒歩3分

お車の方は谷川ビルの無料駐車場をご利用ください。