• アライナー(マウスピース)の詳しい磨き方は?

    アライナーの磨き方は、

    歯を磨くのと同じようにブラッシングをするだけですが、

    注意点は歯磨き粉がついていないまっさらな状態の歯ブラシで磨くということです。

     

    歯磨き粉を付けて磨いてしまいますと、

    材料に含まれている細かい粒子の研磨剤により、

    アライナーの表面に小さな傷を作ってしまい、

    その傷に汚れが付着しやすくなってしまいます。

    歯ブラシのみで磨くぶんには傷はつきませんので、

    内側・外側、汚れの溜まりやすい溝など丁寧にブラッシグしてあげてくださいね。

    スクリーンショット 2015-03-04 17.10.51

    ちなみに私は歯を磨いた後歯ブラシをよくすすいで歯磨き粉を落としてから、

    続けてアライナーをブラッシングしています。

    大臼歯(奥歯)部分のアライナーの内側のふちは汚れが付きやすいので、

    個人的に念入りにブラッシングするようにしています。

     

    お食事→歯磨き→アライナー磨きを日課にしていきましょう。

    アライナーの清潔さやクリアさはこの一手間で全然違います!

  • 歯を磨いた後はアライナー(マウスピース)も磨きましょう

    先日矯正治療中の歯磨きのお話をしましたが、

    歯とともにもう一つ磨いて欲しいものがあります。

    それはアライナー(マウスピース)です!

     

    長時間装着しているアライナー、いくら歯を綺麗に磨いた後に装着するとはいえ、

    やはり口腔内は唾液が出ているため、外したアライナーは汚れています。

    アライナーを磨かないでいると、

    最初はとてもクリアなアライナーも曇りが出てくすんできてしまいます。

    くすんだアライナーよりもクリアなアライナーの方が

    はめた際には断然目立ちにくいです!!

    せっかく目立たない矯正治療を選択されているのであれば、

    アライナーは綺麗に保ち、見た目にも気を遣いたいですよね。

    見た目以外にも清潔に管理することで、

    気持ちよく矯正治療生活を送ることができます。

    スクリーンショット 2015-02-25 13.28.05

  • マウスピースの矯正を始めてからの歯磨き

    矯正治療を行う上で歯磨きはとても重要です。

    もちろん矯正治療をしている・していないに関わらず大切なことではありますが、

    矯正治療が始まりますと、なお重要ということです。

     

    私自身マウスピースの矯正治療が始まってから、

    今までよりも長い時間、更に丁寧に歯磨きを行うようになりました。

    1本ずつ丁寧に、表面だけでなく歯と歯茎の境目などを

    歯ブラシの向きを変えながら、大体10〜15分程磨いています。

    磨き残しがあるとプラークや糖分などが付着したまま、

    長時間マウスピースで覆われていることになります。

    想像しただけでも歯に悪そうですよね?

    もし大きな虫歯が出来てしまいますと、

    最悪マウスピースを再度1から作り直さなければならない可能性もあります。

     

    そして何より、せっかく矯正治療をして歯並びを綺麗にするのであれば、

    できれば虫歯もない綺麗な口腔内が理想ですよね。

     

    というわけで、一緒に歯磨きを頑張っていきましょう!

    スクリーンショット 2015-03-04 18.34.46

  • インビザラインのアライナー装着時間は?

    マウスピースの矯正治療は、患者さん自身の努力と協力がとても大切な治療です。

    なぜならば、使用する日数および装着時間がとても重要だからです。

    インビザラインのアライナーは2週間毎の交換で、お食事と歯磨きを除いて、

    1日20〜22時間の装着が不可欠です。

    *治療が進んで行きますとDr.の判断により、

    使用日数や装着時間に変更がある場合もあります。

     

    使用日数や装着時間が足りなければ、

    徐々にアライナーがはまらなくなる恐れがあり、

    シミュレーション通りに治療が進まない可能性が高くなります。

    満足のいく治療結果へつなげるためにも、

    アライナーの使用日数・装着時間は厳守しましょう!

     

    と、話を聞いているだけですと、大変そうに感じるかもしれませんが、

    食事の際に外して、歯磨きの後に装着するという流れを繰り返すだけですので、

    習慣となってしまえば自然と生活の一部となっていきます。

     

    先日私はあまりにアライナーが馴染みすぎて、

    危うく外すのを忘れ装着したまま食事をするところでした。。。

    インビザラインのアライナー生活に慣れてきた方はお気をつけ下さいね。

    スクリーンショット 2015-02-24 20.25.35

    ちなみにインビザライン専用ケースの内側にも装着時間が記されています。

  • インビザラインの装着感は?

    上顎のアタッチメントも付き、上下のアライナーを装着し、

    ついにインビザラインの治療がスタートしました。

     

    みなさん見た目の他に、アライナーの装着感も気になるところですよね。

    こちらもアタッチメント同様、装着当初は違和感があります。

    今までお口の中に何もなかった状態から、

    アライナーを装着するようになるわけですから、最初はどうしても違和感があります。

    ですが、個人差はありますが、数時間〜2・3日程で必ず慣れていきます

    私も数時間であまり気にならなくなり、

    2日も経過すれば付けているのが普通になりました。

     

    お話される機会の多い方は発音なども気になるかと思いますが、

    慣れてくれば何も問題はありません。

    私も受付をしておりますが、特に不都合はありませんし、

    元々アメリカ発祥のインビザラインですから、発音については心配無用かと思います。

    スクリーンショット 2015-02-25 13.28.05

  • いよいよアライナーの装着です!

    上顎にアタッチメントが付きましたので、いよいよアライナーの装着です。

    付けると実際にどうなのか、一番気になるところですよね♪

    スクリーンショット 2015-02-27 10.25.23

    スクリーンショット 2015-02-27 11.10.54

    近くでよーく見てみないと違いに気づきにくいのですが、

    ①装着前、②装着後の写真です。

    言われてもみても、本当によーく見てないとわからないと思います。

    ちなみに上下顎とも装着していますよ。

    きっとみなさんPCのディスプレーやスマホの画面を、

    目を凝らしてご覧になっているのではないでしょうか!?

     

    ここだけのお話ですが、

    当院の副院長佐藤は私がインビザラインの治療を開始することは知っていましたが、

    いつから装着していたのか全く気がつかなかったようで、驚いていましたよ。

    「アライナー装着してますよ」と大きく笑ってみても、

    全然分からないと言っていました。

  • 初回のインビザラインのアライナー装着時には

    さて、インビザラインのアライナーが届きましたが、装着の前段階があります。

    効率よく動かすために、

    歯と似た色の材料を用いて歯に直接アタッチメント(補助装置)を付けていきます。

    正面

    ↑何も付いていないまっさらな状態です。

    スクリーンショット 2015-02-27 10.25.23

    ↑アタッチメントが付きました。

    比べてみても歯と似た色の材料なのでほとんど目立ちませんよね。

    どこに付いているかと言いますと、

    スクリーンショット 2015-02-27 10.36.49

    私の場合は今回は上顎のみで全部で5歯・6カ所(1歯に2カ所付いているため)です。

    3枚目のアライナーより下顎にも付く予定です。

    *アタッチメントは患者さんにより、付ける箇所や個数は変わってきます。

     

    付けた当初は今まで無いものが歯に付いているため、もちろん多少違和感はあります。

    ですが、不思議なものですぐに慣れるものなんですよ。

    さて、いよいよアライナーの装着ですが、

    長くなりましたので分けて書いていきますね。

  • インビザラインのアライナーが届きましたら矯正治療のスタートです!

    インビザラインの型取り後は作成に4〜6週間程と前回お伝えしました。

    矯正治療を心待ちにしている方にとっては長く感じるかもしれませんが、

    意外にあっという間です。

    出来上がりを楽しみにお待ち頂ければと思います。

     

    そして私はと言いますと、年末に型取りを済ませていましたので、

    ちょっと忘れていた頃に届きました。

     

    完成しましたアライナーがこちらです。

    スクリーンショット 2015-02-25 13.42.06

    記念すべき1枚目のアライナーです。

    (届く際は滅菌されたものがおしゃれにパッケージされていますよ。)

    光の加減で少し白っぽく見えますが、

    実際はクリアなマウスピースで光沢もあります。

  • インビザラインのアライナー作成には精密な型取りが必要

    インビザラインは、基本一度の型取りで

    最後の行程までのアライナー(歯を動かすためのマウスピース)作成が可能です。

    そのため、作成の都度の型取りは必要がありません。

    歯形をスキャンし、3Dで歯を動かす行程のシミュレーションを行う事により、

    最初から最後までの全行程のアライナーが作成が可能となるためです。

    作製には精密な型取りが必要となり、検査時とは異なった材料での採取となります。

     

    私の歯型です。

    シリコンimp

    その時々により材料が異なるため、別のカラーの場合もありますよ♪

    ミントガムのような味と香りで、個人的にはおいしく感じました。

    が個人差はあると思います。。。

     

    歯型は海外に送られアライナー作製に4〜6週間程必要となります。

    型取りの後は届くのを楽しみに待つだけです♪