• 世界と日本国内におけるインビザラインの歴史

    インビザラインの歴史について、本場米国と日本国内に分けて詳しく紹介したいと思います。専門的な言葉が多く、インビザラインを取り扱っている矯正歯科医にしか詳細は理解できないと思いますが、ご了承下さい。

    本場アメリカでの歴史

    1997年
    米国アライン・テクノロジー株式会社 設立
    1999年
    米国アライン・テクノロジー株式会社 インビザライン販売開始
    2002年05月
    アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社設立
    2006年02月
    アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社
    インビザライン日本国内本格販売開始

    日本国内でのリリース歴

    2008年04月
    クリンチェックソフトウェア2.5リリース 
    主な追加機能:ステージング機能詳細確認
    2010年04月
    インビザラインLiteリリース クリンチェック2.9リリース
    パワーリッジ登場 最適アタッチメント登場
    2011年05月
    インビザラインTEENおよびインビザラインG3リリース
    クリンチェック3.1リリース プレシジョンカット、スマートフォース、
    追加パワーリッジ機能(下顎切歯にも適応)
    2011年11月
    インビザラインG4リリース
    2012年10月
    インビザラインLiteにオートリファインメント導入
    2013年02月 
    新素材スマートトラックリリース、G4plusリリース
    2013年07月
    インビザラインi7(前歯の部分矯正を対象としたインビザライン)リリース
    2014年06月
    インビザラインG5リリース
    アジアパシフィックサミット開催
    2014年11月
    プラチナドクターミーティング開催

    2014年04月現在、インビザラインがアメリカ国内で販売されてからこれまで14年、日本国内で本格導入されてからはまだわずか7年です。

    治療実績は200万人を突破し、これからもマウスピース矯正装置のTOPブランドとして世界的にシェアを拡大していくのは間違いありません。

    しかしながら、急速な普及の裏で、インビザラインでの治療が難しいような症例に、従来の歯列矯正治療の知識と技術を習得していないドクターが、無理にインビザラインを適応することによってトラブルになっている症例も多く見受けられます。

    ご自身の現在の歯並びが、インビザラインで治療可能かどうかの正確な診査・診断は、大学病院の矯正科で実績を積んでいる日本矯正歯科学会の認定医であること等、経験を積んだ矯正歯科医にのみできるものです。

    矯正歯科医院選びは慎重に行っていただきたいと思います。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
045-620-6552
平日10~13:30/15~20時 土日祝9~12時/13:30~18時
休診:木曜 *学会・出張等により臨時休診有

カウンセリング予約無料メール相談

診療時間

横浜駅周辺地図
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1
谷川ビルディングANNEX館4F
「横浜駅」西口徒歩3分

お車の方は谷川ビルの無料駐車場をご利用ください。