• インビザラインのマウスピース矯正中は虫歯に注意しましょう!

    虫歯のお話の続きです。

    歯が動いてくると、虫歯が見えてくることもあるとお話しましたが、実は私もその一人です。

    上顎右側2番(真ん中から2番目)の歯の捻れがとれてきたことで、今まで見えていなかった歯と歯の間の隣接面がみえてきてとても小さな虫歯が見つかりました。

    ただ虫歯にも慢性的なものや経過観察のものもあり、見つかったからと言って必ずしも治療をする必要はありません。その判断はドクターが行いますが、私は今すぐに治療が必要な虫歯ではなかったため、今まで以上に歯磨きを頑張り、フロスも通してこれ以上虫歯を大きくしないよう、うまくつきあっていこうと思います。

    ちなみにインビザラインでの矯正治療中に大きな虫歯を作ってしまいますと、全てのアライナーを作り替えなければならない場合もあり、治療が滞る場合もあります。虫歯治療により歯の形態が変わるとアライナーが適合しなくなってしまうためです。

    虫歯にならないよう、自分の歯やアライナーは綺麗に保ちましょう。