• マウスピース矯正を始めてからのコンタクトの変化

    以前インビザラインでのマウスピース矯正を始めてから、少し食べ物が挟はさまりやすい箇所が出てきましたというお話をしたかと思います。

    歯を動かしているため、これは自然なことなのですが、アライナーの枚数が進んでいくと更に変化が現れます。

    私は元々歯のコンタクト(歯と歯が接触している部分)がきつく、コンタクトのゆるい箇所はなかったのですが、少し前に特に一部分ゆるい箇所ができたと思っていましたら、現在は他の箇所も徐々にゆるくなってきました。

    主に下顎の前歯辺りでして、叢生(ガタガタ)をほどくために歯が動いている証拠ですね。

    矯正治療中は一時的にどうしても、食べ物がはさまったり噛みづらくなるなどの症状が出てくるかと思います。

    これはあくまで一時的なものですので、ご心配ななさらずに。