下記は裏側矯正、表側矯正、マウスピース矯正を当院なりに比較した表です。

  舌側矯正 マウスピース矯正 表側矯正
装置の見た目
治療期間
治療費
治療の痛み
治療可能な症例
清掃性
虫歯のリスク
歯周病のリスク
違和感
発音への影響
取り外しができるか × ×

当院では、表側装置もかなり目立ちにくいです

表側の目立たない矯正装置
▲表側の目立たない矯正装置

当院では、表側の装置に、透明なブラケットと審美的な歯の色に近いワイヤー等、目立たない装置を追加料金なしでご提供しており、かなり目立ちにくくなっております。

従来の金属装置に比べ、ギラギラ感がありませんので、装着していてもほとんど目立ちません。

詳しくは当院本サイト「目立たない装置」のページをご覧ください。

SUGGESTIONどの装置がいいか、迷われている方へ

矯正装置

歯並びの状態や、患者さんの生活スタイルなどに合わせて、どの装置がよいのか、詳しくご提案させていただきます。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

一番は清掃性の違いです

矯正歯科医

一番の違いは、やはり清掃性です。マウスピース矯正は取り外せる分だけ、磨きやすく、矯正治療中や治療後も、歯肉の腫れ・炎症が少ないのを、日々の診療で実感しています。

当院では、表側矯正、裏側矯正も積極的に採用しており、多くの患者さんが治療をお受けになられています。

表側矯正、裏側矯正については、以下のサイトで詳しくご紹介しております。