• 歯が動くと隠れていた虫歯がみえてくることもあります

    歯が動くということは、重なっていた部分がほどけてきたり、捻れが解消されてきたりと歯の向きが少しずつ変わっていくということです。

    そうなりますと、実は隠れていた虫歯が顔を覗かせることもあるのです。

    特に歯が重なっていたり、叢生が強い場合、なかなか頑張っても歯ブラシが行き届かず、気付かぬうちに実は虫歯になっていたというわけです。

    あとは抜歯ケースの症例の場合も歯を抜いたら、抜いた歯の隣が虫歯でしたということもよくあります。

    矯正をすることで、今まで見えていなかった歯の表面が見えてくるため、虫歯を発見できたということですね。